スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEAとCHA

世界でのお茶の呼び方は2通りだそうで

日本や中国では”茶”・・・”CHA”

英国などでは”ティー”・・・”TEA”


この違いは何かというと伝播方法によるのだそうです。

世界で「お茶」を意味する「ことば」は、

中国の広東省でのよび名である「チャ(ch'a)」に由来するものと、

福建省の方言である「テー(teiまたはte)」に由来するものの二つがあるそうです。

「チャ」は主に陸路を、

「テ」は海路で伝わったと、言われています。

つまり陸路で伝わったものをCHA

海路で伝わったものがTEAということですなっ。

あ、でも講師の徳永先生が

”なんとか”という特殊な地域があるとか

おっしゃってたなぁ。

モンゴルのどこかだっけ。。

思い出せない~~~>w<

茶育指導士の活動理念

やっとこさレポート提出終了しました~。

ほっ


茶育指導士の活動理念

(1)「茶と憩い」「茶に学び」「茶のある豊かな生活」を構築すること

(2)人は「なぜ茶を飲むのか」を基本に、
  「茶をたしなみ」「健康な心」を育むこと

(3)人と茶のかかわり、「茶を淹れて、淹れられて」、
  時と場を共有することにより、
   愛情豊かな「もてなしの心」を養うこと

茶育指導士とは

合否はまだ定かではありませんが

せっかくだから、復習&お勉強もかねて

習ったことや、テキストを参考にしながら

このブログにつづっていこうと思います。

よしっ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「茶育」とは

茶育とは「食育」を基本におきながら、

人の喜怒哀楽に関わる

「侘び・寂び」を糧に食育との融合をはかり、

健やかな心を養うこと。

また、この茶を理解するためには、

毎日の生活の中に

心の「茶の間」をしっかりと設定し、

その活用をはかることだと思います。

そして、人間の営みや、人間の生活時間を

重ね合わせ、ここに展開される人模様について、

より豊かな、より心の健やかなあり方について、

助言、指導することを、茶育指導士の

役割としています。

あ、そうだった

たまごちゃんです。

忘れてた!レポート提出しなくっちゃ。

すぐにやらなきゃ忘れちゃうねぇ。

だんだん80点採れてないような気がしてきた。。。

でも、通信教育でなく、セミナー方式で参加して

よかったと思う。

講師の長年の培ってきた経験からにじみでる

お話も多くて、有意義だった。

また、実技もして、「しずく茶」とか

「日本茶」「紅茶」「中国茶」など

いろんな種類のお茶や貴重なお茶も飲めたし

作法・マナーも教えていただいたし

同期もできて情報交換できた!

やはり共に学ぶ仲間がいるっていいですね♪

茶育指導士資格取得講座

きのう、今日と2日間にわたっておこなわれた
「茶育指導士」資格取得講座

あ~、疲れた~~~
久々にテストとか受けましたよ。

テストのあとはお楽しみ♪

世界各地のお茶を飲んで
ティーパーティー
楽しかったなぁ♪

貴重な手に入りにくいらしい
中国茶もいただけたし、
満足、満足!

あとは、合格しているといいな~。。。

これをはじめとして
お茶のことや
お茶の歴史
いろいろ勉強して発信していきたいな♪
プロフィール

茶育士のたまごちゃん

Author:茶育士のたまごちゃん
活字中毒、本の虫
調べもの大好き!お茶も好き!
書くこと大好き!緑茶ばんざい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。